SDGs関連イベントでの「L-TanQ」の紹介

弊社「SDGsポイント研究所@ジャパン」が主催する品川区でのイベントです。

開催日時:2019年2月16日(土)午後1時〜4時

会場:立正大学 4号館1階411教室 ※立正大学 正門よりご入場ください

〒141-0032 東京都品川区大崎 4-2-16
JR 大崎駅、JR&都営浅草線五反田駅から 徒歩 5 分 東急池上線大崎広小路駅から 徒歩 2 分

定員:70 名 (申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. SDGs とは((株)NTT DATA経営研究所)
  2. 企業の SDGs 取組事例 (東洋製罐グループ、花王(株)生活者研究センター)
  3. 新聞記事を活用した SDGs ワークショップ ((株)朝日新聞社)
  4. SDGs のこれから(SDGs アクティブローカルポイント システム「L-TanQ」の紹介)

主催:(有)ラウンドテーブルコム SDGs ポイント研究所@ジャパン
共催:RisVo(立正大学ボランティアサークル)、未来協育推進機構 
協力:一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、(株)朝日新聞社、東洋製罐グループ、(株)NTT DATA経営研究所、国際的学習プログラム研究委員会、BigWave、ゴタンダスタイル、しながわお笑いフェス、積才房(同) 
協賛:花王(株)生活者研究センター
後援:品川区

参加お申し込みはこちらから

SDGsポイント研究所がAFPWAA Forumに協賛して、コンテストを開催します。中高大学生の参加者募集!

「L-TanQ」を活用した地域活性化+学習者の参加プロジェクトを企画するSDGsポイント研究所@ジャパンが「AFPWAAワークショップ」に協賛して。コンテストを開催します。

AFPWAASDGsポイント研究所@ジャパンの協働プロジェクトです。2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された世界を変えるための17の国際目標、国連SDGs(持続可能な世界を実現するための17のゴール・169 のターゲット )の理解促進の為に、中高大学生に、AFPの膨大なデータベースを活用していただく学習の機会を提供します。

参加方法:参加者には、AFP(フランス通信:Agence France-Presse) のコンテンツデータベース(英語版)を一定期間内において、自由に閲覧できる権利を与えます。(教育機関のメールアドレスでの申し込みが必要です。教育機関のメールアドレスをお持ちでない方は、SDGsポイント研究所@ジャパンがメールアドレスを発行します。こちらのフォームで申し込みください。)

  1. こちらのニュースを見て応募する中高大学生は参加申し込みページで参加表明をお願いします。
  2. 1で申し込後、アカデミック(教育機関の発行する)メールアドレスをお持ちの方はそのまま4のAFPWAAコンテンツデータベースID登録ページにアクセスしてIDを登録してください。
  3. アカデミック(教育機関の発行する)メールアドレスをお持ち出ない方は1で必ずroundtable.jpドメインのメールアドレスへの転送希望にチェックを入れて、転送設定のお知らせをもらった後、4へ進んでIDを登録してください。個人のメールアドレスで4のデータベースへの登録はできませんので注意してください。
  4. AFPWAAコンテンツデータベース(英語版)にアクセス。
  5. 好きな報道写真を選択。
  6. 選択した写真に日本語タイトルをつけ、選択した理由を200字から400 字で記述して、プロジェクト応募サイトから投稿してください。

応募期間:2019年1月10日〜3月31日(発表は2019年4月中旬を予定しています。)

第一弾のテーマ:「課題1 “NO POVERTY” —貧困をなくそう—」

学習のメリット:

  • コンテンツデータベースの情報分析の機会が得られる(情報の内化と外化)
  • 英語コンテンツの読解の機会が得られる
  • 思索の文章化の機会が得られる
  • 世界に向けて発信の機会が得られる(インスタグラムページで全ての応募作品が公開されます)
  • 優秀作品はAFPWAAの公式サイトで公開される(所属教育機関名も掲載されます)

主催:AFP World Academic Archive

協賛:SDGsポイント研究所@ジャパン

AFP通信社とは:1835 年に創立された、世界で最も長い歴史を持つ通信社であり、ロイター、 AP通信とならんで、世界3大通信社のひとつです。

AFP WAA(AFP World Academic Archive)とは:AFPの30万点以上のニュース動画、約 4,600 万枚の写真を収蔵したデジタル アーカイブです。

SDGsポイント研究所@ジャパンとは:(有)ラウンドテーブルコムが提供するSDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」を活用して、企業、社会、教育現場を繋げる活動を支援する研究所。

教育機関と企業を繋ぐ効果!

SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」の品川区での実証を続けています。

まずは教育機関でSDGsを学ぼうとする機運が生まれてきました。

2018年11月27日(火)、立正大学心理学部教授小澤康司先生の授業を2コマお借りして、「SDGs for Your Class@Rissho Univ」のワークショップを提供しました。

詳細はこちら

地域の方々にSDGsがもっと身近な課題になるよう、今後も普及活動を続けていきます。

次のイベントは12月23日16時から「未来の教育コンテンツEXPO2018」でも枠を取っていただいて、お話しします。

更に来年2月には品川区立日野学園の中学生向けにワークショップを提供する予定です。

2月16日には立正大学をお借りして、地域の方々と大学生向けのイベントを開催します。企業の方々にご支援いただく予定です。

品川区でSDGsイベント

現在、品川区でSDGsを学習するイベントをいくつか企画中です。

小中高大学、地域住民、自治体、企業が一丸となって、SDGsを学び、そこを起点として地域ポイント、SDGsポイントを発生させるプロジェクトになります。

ご期待ください。

 

L-TanQプロジェクト開始します

SDGs Active Local Point System: L-TanQ プロジェクトを開始します。

  • Sustainable Development Goals についての学びの機会を提供します。
  • SDGs Active Learningのプロジェクトを学習者と共に生み出し、Project Based Learningを実践します。
  • 地域での社会貢献活動をSDGsの視点から見て、さらに期限付きでポイント化します。
  • ポイントを地域で活用して、地域の活力を生み出します。
  • プロジェクト期間でのSDGs貢献度を見える化します。

関心をお持ちの地域の方々、学習機関の支援組織の方々、ぜひ仲間になりませんか?